給付金請求ができる

注射器B型肝炎が日本で集団感染したことがありました。これは国の不手際によって起きたものです。かつて日本では集団予防接種の際に注射器をずっと使い回していたという過去があります。このようなことをすれば感染症が蔓延してしまう危険性があるのです。今ではこのようなことは行われないのですが、かつては平気で危険な行為が放置されていたのです。そのため、多くの被害者が国を相手に裁判をして、その結果として法律が制定されて、給付金が支給されることになりました。

過去に集団予防接種をきっかけとしてB型肝炎に感染した方を対象として給付金請求が行われています。これは直接予防接種が原因で感染した人だけではなくて母子感染した人も対象となっています。B型肝炎というのは母子感染する可能性もあるからです。また、すでに感染してから亡くなってしまった方もたくさんいるのですがそのような方の遺族も給付金を請求する権利があります。

給付金については請求できるまでに期限があります。しかし、未だに権利があるにも関わらず請求していない人がたくさんいます。それは請求するための手続きが面倒だったり、仕組みがよく分からないという方が多いからです。そのような方には弁護士に相談をすることをおすすめしましょう。弁護士に依頼することによって、給付金請求をスムーズに進めることができるからです。こちらではB型肝炎の給付金を請求するために弁護士を利用することについて解説しましょう。

Pocket

Comments are closed.