注意するべき点

これから給付金を受け取るための訴訟をしたい方が注意するべき点について紹介しましょう。

資料まず、弁護士に相談をする際には事前に資料を準備しておいた方が相談がスムーズに進むでしょう。自分がB型肝炎になっていることの医療記録があれば、より適切なアドバイスを受けることができるのです。

弁護士費用については、いつ支払うことになるのか確認しておきましょう。基本的には給付金請求をして受け取った段階で支払うことになる場合が多いです。それまではお金を支払う必要のない場合が多いため、費用を準備することができなくても安心できるのです。成功報酬は受け取った給付金から支払われることになっています。そのため、給付金を受け取れたならば、弁護士費用は絶対に用意できるのです。ただし、裁判をするために必要な費用について訴訟実費を支払わなければいけません。この点についてきちんと確認しておきましょう。中には、法律事務所の方で負担してくれるケースもあります。

これから弁護士を選ぶ際には医学的な資料をきちんと扱える人に頼みましょう。B型肝炎給付金の訴訟では医療関係の資料をたくさん読まなければいけないためです。弁護士費用はきちんとチェックしましょう。他の法律事務所と比べて妥当なものであるのか確認するべきです。

Pocket

Comments are closed.